はまい皮フ科クリニック

京都市南区,吉祥院,西大路,九条,十条,上鳥羽 はまい皮フ科クリニック

お問い合わせ TEL 075-644-4141
ご予約は電話・ネット・スマートフォン受付可
日曜診療(第2・4週は休診)

駐車場3台あり
▲Mobile Site
HOME»  診療内容

診療内容

一般・小児皮膚科

赤ちゃんからお年寄りまで、あらゆる皮膚症状、皮膚トラブルの診療をしております。病状や治療方法、予想される治療の期間などを出来る限り丁寧にわかりやすく説明させていただきます。場合によっては検査をして、その結果によって治療の方針を決めていきます。また症状によってはより専門性のある医療機関へ紹介させていただきます。

診療している主な(よくある)皮膚症状

湿疹、アトピー性皮膚炎じんましんみずむしニキビ巻き爪、ヘルペス、とびひ、イボ、みずいぼ、うおのめ(鶏眼)、タコ(胼胝)、乾癬 (かんせん掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう、白斑、脱毛症やけど、床ずれ(褥瘡)、できもの、はれものなど

当クリニックでの主な皮膚症状の診療について

アトピー性皮膚炎

アレルギーや、体の外からの影響をバリアする肌の働きが弱いといった原因などがからみあって症状が出ます。もともとの肌の弱さやアレルギー体質を変えることは難しいですが、検査などから悪化している原因を見きわめてまいります。安全で効果的な治療法のもとに、それぞれの患者様に合った方針を検討し、適切なスキンケアのもとで良い皮膚の状態が保てるように努めてまいります。

できもの(腫瘍)、ホクロ、しみ

足の裏のホクロなど、体にできたシミや〝できもの″が悪性でないかの判断をさせていただきます。ささいなものと思われても気になるものがあればお気軽に御相談ください。通常は見た目だけで良性か悪性かは正確にはわかりません。まずはダーモスコピーという拡大鏡を使って診断します。それでも判定が難しい場合は皮膚生検といって病理検査によって診断をします。これらの検査結果から、治療の方法を決めてまいりますが、患者様の希望にそって、当クリニックで可能なものは除去手術をいたします。

みずむし

当クリニックでは必ず顕微鏡による検査でみずむしかどうかの確認します。顕微鏡の画像はディスプレイを用いて患者様にもご覧になっていただきます。一見みずむしと思っても、別の症状の場合もあり、自己判断で市販の薬を塗られることで本当に水虫かどうかの判定が難しくなることもあります。まずはお気軽にご相談ください。

巻き爪

いわゆる巻き爪の他に、爪が周りの皮膚にくいこむ陥入爪(かんにゅうそうの症状があります。治療は、痛みをとるための応急処置のような治療や、手術やワイヤーによる爪の矯正といった方法があり、患者様と相談しながら、症状や痛みの具合いによって方針を決めてまいります。

じんましん

かゆみのあるミミズ腫れのような皮疹が出たり消えたりする症状です。じんましんといっても色々なタイプがあり、原因や症状の強さ、治療にかかる期間も様々です。また全てがアレルギーが原因で出るわけではありません。まずはじんましんのタイプを見きわめて、必要があれば原因を調べる検査をし、適正な治療をさせていただきます。

ニキビ

近年はニキビの治療薬の種類が増え、症状に合った薬を正しく使っていくことが大切となりました。また患者様それぞれの体質や生活環境といった要因でも症状は変わってきます。患者様に合った最適な方針を見きわめて治療をし、日々のスキンケアの方法も提案させていただきます。まずはお気軽にご相談ください。

みずいぼ

自然に治ることが見込まれるため、近年は必ずしも取らないといけないとはされていませんが、御希望であれば可能な範囲で取ることができます。しかし、たくさんのみずいぼを一度に取ることはお子さんにとって大きなストレスとなります。ご本人とご家族の希望と状況をみて判断してまいります。みずいぼ取りをする場合は、ペンレステープという痛み止めのシールを貼ってから行います。テープを貼っていても痛みが完全に消えるわけではありませんが、子供さんが少しでも痛みや恐怖心が和らぐように努めてまいります。

やけど

傷の大きさ、場所、深さや状態によって治療の方法を決めていきます。できるかぎり早く、きれいに治ることを目標に治療させていただきます。完治にかかる時間やキズ痕が残るかどうかといった見込みは最初に説明させていただきます。

円形脱毛症

頭皮の免疫のバランスがくずれて毛が抜けてしまう病気です。症状に応じて、発毛を促す塗り薬や、ステロイドの塗り薬・飲み薬・局所注射、液体窒素による凍結療法、光線(紫外線)療法などを適切に選んで治療してまいります。

乾癬(かんせん

かさかさした赤い皮疹が全身性に広がり、症状が悪くなると体の調子が悪くなったり、関節の痛みや変形をきたすこともある皮膚病です。症状の具合いによって正しく治療法が選択されなければなりません。当院では光線(紫外線)療法もいたしております。近年は生物学的製剤を使った治療の機会が増えておりますが、使用の適応があったり、患者様がその使用をご希望される場合は、承認施設を紹介させていただきます。

 

 

アレルギー科

アレルギーは、タイプや原因によって検査や治療の方法が異なります。まずは患者様の症状をしっかり見きわめて、必要な検査をして治療してまいります。また当クリニックで、アナフィラキシーショックに対する自己注射キットの「エピペン」の処方や使用の指導も行っております。当クリニックでの対応が難しい検査や治療においては、適切な専門医療機関へ御紹介させていただきます。

当クリニックで扱う主な(よくある)アレルギー症状の診療について

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎はアレルギーにともなって症状が悪くなります。アレルギーの検査をして、その対策や治療をしてまいります。アトピー性皮膚炎の原因はアレルギーだけではないですが、一つでも原因を見つけて良い皮膚の状態が保てるように努めてまいります。

食物アレルギー

主に赤ちゃんや子供さんに問題となるアレルギーですが、年齢とともに改善されていくことが多いのが特徴です。しばしばアトピー性皮膚炎を悪くする原因にもなります。まずはじっくりお話を聞いて、アレルギーの原因となっている食品を考え、血液検査やその食品を食べないことで症状が良くなるかをみる食物除去試験などを通して診断していきます。日々成長するお子さんにとって食事は大切であり、不必要、過度な制限をされないこと、そして何よりアナフィラキシーショックを起こさないことが大切と考えます。給食などの学校生活に関する相談もさせていただきます。

じんましん

じんましんといっても色々なタイプがあります。全てがアレルギー性に出るわけではありませんが、必要に応じて採血によるアレルギー検査を行います。子供さんなどで食物アレルギーの関与が疑われる場合はその検査をしてまいります。

花粉症

検査は患者様のご希望に応じて、採血による抗体検査と、花粉の抽出液を皮膚につけて行う皮膚テストのいずれか、もしくは両方を行います。治療は主に抗アレルギー剤を使って治療しますが、原因の花粉アレルギーの日ごろの対策についても提案させていただきます。

金属アレルギー

特定の金属に対してアレルギーがある場合、それにかぶれるだけでなく、それが歯の詰め物など体内にある場合、全身のいろいろな症状として出てくる場合があります。検査は、代表的な17種類の金属を実際に貼り付けて判定するパッチテストを行います。検査を希望をされました場合は、患者様が通院される日程の確認が必要となりますので事前にクリニックへ御連絡ください。

薬剤アレルギー

お薬や健康食品、サプリメントなどを飲んで体にぶつぶつが出てきた場合、そのお薬のアレルギーいわゆる薬疹が疑われます。これまでずっと飲んでいたお薬でも後になってから薬疹としてぶつぶつが出てくる場合もまれにあります。問診から原因のお薬を特定できることが多いですが、血液検査を行う場合もあります。治療には抗アレルギー剤、ステロイドの飲み薬や塗り薬などを使い、症状によってその種類や使う量を決めてまいります。なお、ショックを起こす可能性のある薬剤アレルギーテストが必要な場合は、専門医療機関へご紹介させていただきます。

 

皮膚外科(手術療法)

皮膚にできたできもの(腫瘍)は、良性、悪性のものも含めてたくさんの種類があり、それぞれに対してのの治療の方法は変わってきます。ホクロ、しみも含めてまずはダーモスコピー皮膚生検による病理検査をして診断をします。手術による切除をご希望された場合は当クリニックで可能なものは施術いたします。巻き爪や陥入爪(かんにゅうそうに対しても、適応があるものは手術療法を行っております。また褥瘡(じょくそうのポケットや、膿瘍(のうようといわれる“膿だまり”を切開する処置も随時行っております。

対象の疾患

皮膚腫瘍、粉瘤(ふんりゅう(アテローマ)、脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう、ホクロ(色素性母斑(しきそせいぼはん)、陥入爪(かんにゅうそうなど

主な手術方法

手術は、メスを用いる方法と、用いない方法(へそ抜き法、くり抜き法など)があります。施術する方法は、それぞれの方法の長所・短所を説明し、患者様と相談して決めてまいります。局所麻酔(場合によっては伝達麻酔)にて施術いたします。

メスを用いた切除

もっとも一般的な手術の方法です。メスで腫瘍を含めた皮膚を切り取り、糸できれいに縫い閉じる方法です。手術してから1週間ほど後に抜糸をいたします。

へそ抜き法

主に粉瘤(ふんりゅう(アテローマ)に対する治療法です。粉瘤とは拡大した毛穴に皮脂やあかが詰まってできた袋状のしこりです。トレパンという器具を使って4mm程度の穴を開け、そこから袋ごと内容物を取り出します。基本的にはキズは縫わず、軟膏を使って治してまいります。

くり抜き法

ホクロなどの切除に用います。ホクロの形状(円形)にくり抜いて、きんちゃく袋の口を閉めるように糸をかけてキズを縫い閉じます。手術後は1週間ほど後に抜糸し、その後は適宜軟膏の処置をしていきます。

巻き爪・陥入爪(かんにゅうそうのフェノール法

治療する爪のうち、周りに食い込んでしまっている部分だけをその根本まで切り、フェノールという薬品で処理をして切った部分の爪がまた生えてこないようにする処置です。施術直後から通常の歩行や入浴が可能です。運動は1週間後からの可能が目安です。

 

フットケア

足の傷や爪の変形などの病変があり、そのケアが不十分であると悪化して、歩きずらくなったり体の具合が悪くなることがあります。特にお年寄りの方や、糖尿病の治療中や透析患者様は足の病変が悪化しやすい傾向があります。フットケアではその予防や治療をさせていただきます。

主な処置の内容

みずむし(足白癬・爪白癬)の治療、タコ(胼胝)・うおのめ(鶏眼)の処置、爪切りや巻き爪の治療、糖尿病や透析中の患者様の足のケアなど